無料ブログはココログ

« 三田、慶応大前、一慶のラーメン | トップページ | 神戸、元町高架下 丸玉食堂の台湾料理 »

2006年5月20日 (土)

静岡、くりたの蕎麦

静岡へ、神戸へと移動している間、食えど3、4日更新せず

放って置いたらただでさえ少ないアクセスがさらにうなぎ下がり。

えげつないもんだ(´д`)。

Img_3116_1 静岡駅にほどちかい、伝馬公園向かいの蕎麦屋、くりたの「おせいろ」。

白木つくりのお店、上品な息子の打つ蕎麦を運ぶこれまた上品な母(たぶん)。

こりゃ量少ないな、と踏んで2枚たのんだ。ウマいよ。すごくウマい。

Img_3114 こちらは連れの頼んだ田舎そば。

見るからに正しい田舎そば。

「正確な」コシ。

Img_3115

もうひとりは「ぶっかけ」

「おせいろ」と同じだと思われる蕎麦に天ぷらやら山菜やらのっけて、出汁をぶっかけて喰う。

さて、今月の「pen」は「職人のそば屋へ。」。

副題はこうだっ!!

「こだわり抜いた味を求めて」

(´д`)~

顔からしてこだわってる蕎麦撃ちおっさんがいっぱい載ってるぞー。

ここ「くりた」も正にそんな一軒。

ワタクシが褒めなくてもだれもがウマいと褒めるだろう。

だが残念ながらへそまがりなワタクシは、そのこだわり抜いちゃう姿勢が信用できないんだなぁ。

くりた

静岡市葵区伝馬町12-7
伝馬パークビル1階

« 三田、慶応大前、一慶のラーメン | トップページ | 神戸、元町高架下 丸玉食堂の台湾料理 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31