無料ブログはココログ

2006年9月19日 (火)

神戸三宮、センタープラザ東館 長田本庄軒

神戸の長田区は先般の震災で最も被害のでかかった下町エリア。

このエリアのお好み焼き屋はお好み焼き、やきそば、おでん、それにメシの4アイテムを自由自在にっちゅうかデタラメに組み合わせて、っちゅうか客が無茶苦茶ゆうて提供するというスゴイことになっていた。
たとえばおでんのじゃがいもをぶっ壊してお好み焼きに入れる。
メシとやきそばをぐちゃぐちゃにした「そばメシ」はすでに全国に広がった。
震災後の今もそんなちっちゃい店いっぱいあるんかなあ?

そんな長田を銘打つ長田本庄軒。ここは玉子ぼっかけモダン、を専門とするやきそば屋。
ぼっかけ、とはおでんの「すじこん」=牛筋とこんにゃくである。

Img_5957 玉子ぼっかけモダン(並)
まずはやきそばを作り、
なんとボールに溶いた玉子の海に絡めた後、クレープ状のお好みの皮にのっけて出す。

甘いオリバーソースがぶっとい多加水麺にぴったりでまあ、ウマい。
甘めがいやな人はソースの辛さが自由に選べるシステム。

Img_5960 コレが店構え。
ここは「センタープラザ」、東となりには「サンプラザ」
両ビル並べてほぼJR三宮から元町まで1駅近くある細長い地下に飲食店がひしめく。
中には行列店もあり、ここ本庄軒もそのうちのひとつ。

でも、なにかがオカシイ。。
ぜんぜん列が減らないのだ。アタマに来て覗き込むと客の食い方がダダ遅い!
死んだ魚みたいな目のバカモノカップルがそば一本づつ喰っとる(><!
あっちのオンナは一本喰うごとに皿を箸でキレイにちゃっちゃやっとる(><!
アツアツを箸を使わず鉄板からダイレクトに、コテを使ってはふはふ喰うんが関西人の唯一の誇りではなかったんか(><?!

よくよく見ると店員の動きも緩慢かつ機転がきかない。
ぞうきんを使っての鉄板の整備は不潔ですらある。
それでも客が食うよりは早く焼けちゃうので並んでる客のやきそばやモダン焼きが鉄板の上でダブついてしまう。。
嗚呼。

長田本庄軒

HPみてびっくり、業者系(´д`)

のれんのステキなアナクロさ加減も確信犯かぁ~(´д`)

神戸市中央区三宮町1丁目9-1 センタープラザ東館B1

しかも全国のスーパーにあるみたい(´д`)

2006年6月 7日 (水)

経堂、お好み焼き 八昌

きのう、飯田橋れもん屋で、広島のばりばりした食感の名店と書いたのは実は八昌のことなんだが、なんと八昌が東京でも喰える、という。

すぐ走った(´д`)

まったく、もお~ ホント、喰いモンの話を聞きつけるとスグイッっちゃうんだからー。

Imgp2431 すじぽん。

おそろしくウマい。

こりこり、とろとろの相反する食感は最大に生かされながらなんと、透明なままなのだ。それにポン酢がかかる。熱いすじニクと冷たいポン酢の相性も抜群に優れているー。

Imgp2433 豚の香草焼き。

表皮一枚、かりっと焼かれ、中身はジューシー極まる!

焼き、も最高だけどこれはニクもものスゴイ。

Imgp2432 そして豚の香草焼きにはこのキャベツがつくんだけど

コレがまたスゴイ。しゃっきしゃき。そして甘い。

だいこんおろしがまた豚の箸休めに最高の効果を上げる。

Imgp2435 そしてお好み焼き。

件のウマーなぶたがぺたっとしゃきしゃきの野菜に張り付いて、タネ、そばとも完全に一体化される。テーブル席に座ったので皿に載せられてだされたため、コテではなく箸で喰ったが、箸でそのまま持ち上げられるほどの剛性がある。

剛性そのものが評価されるわけじゃないんだけど、まったく水を出さずに仕上げられた野菜、ニクの質、そばの質が揃ったらこういうことになるんやわ。

そばはクリスピー。バリバリ、である。

そのバリバリがまた全体の食感をバリッと引き締める。

いやあ、完璧です。

こんなウマい広島焼きは他にはない。

八昌

東京都世田谷区経堂1-21-18 原田ビル2F

昼の営業はなかったです。ご注意を。

2006年6月 6日 (火)

飯田橋、広島風お好み焼き れもん屋

最近は東京でも広島焼きも広島つけ麺の店もずいぶんできてきたが、ここ、れもん屋は古くからの有名店らしい。

中央線の線路沿いの狭い敷地の狭いアブラギッシュな店はさすがにウマそうだ。

Imgp2419 もうたくさんだっ!といっておきながら

甘酸っぱい、

ふにゃふにゃのくらげ(´д`)

Imgp2420 げそ焼き。

こりこりの新鮮なげそに

甘辛い醤油タレがウマイよ。

Imgp2421 そしてメインの広島焼き。

現地では最もポピュラーな豚玉そばは

この店でもほぼ9割のお客さんがこれを頼む。

重い錘をがつんと乗せてプレスする様子を見た、悪い予感は当たった。

水っぽいのだ。

きゃべつともやし、という水のたくさん出る材料で構成される広島焼きはきっとその水を出さずにいかに焼き上げるかという格闘によって進化してきたと思う。現地の名店ではこーゆーことにならない。どちらかというとバリバリした食感を楽しむもんだと思う。

野菜から出る水によるべちょっとした食感に輪をかけてそばの品質も悪い。これまたべちょっとした麺で、お好み焼き全体がべちょべちょ。

そして、甘すぎるおたふくソースもすでに過去の味だと思う。

残念。

れもん屋

東京都千代田区富士見2-9-1

2006年5月 5日 (金)

なんば、おかるのお好み焼き

連休まっただなかの大阪に移動。なんば界隈は他にどっかいくとこないんかーと毒づきたくなるほどの人出。新世界からこちらにも進出してきたくし揚げ屋、お好み焼き屋はどこもかしこも長蛇ラインナップー!

でも、その長蛇を見てお好みがどうしても喰いたくなるワタクシはバカです。

さて、大阪のお好み焼き、もちろんこちら出身のワタクシはその盛衰を見守ってきたわけですがお好み焼きほど名店が凋落する喰いものもめずらしい。かつては一世を風靡したぼてじゅう、それに代わった千房。なんでそんなにまずくなるんだろう。

いまは鶴橋発祥の風月の時代だがコレはあたりさわりないだけで別段ここでないとダメ、って感じじゃないし。長蛇の列の「美津の」はどうなんだろう?

そうそう、最近なぜだか丸の内に出店した梅田の名店「きじ」。これはホンマにうまかった。でももちろん過去形。あんなにウマかったのに、ウマくなくなった、というよりコレもまずい、とするべきだ。

で、飛び込んだのが地味できちゃない店構えの「おかる」。それでも二組ほど列ができている。

Img_2883_1 アテにくし揚げもある。

ニクはいいんだけど揚げはいまいちだなあ。

_img_2886 アルバイト、かな?若いおねえちゃんが粉を混ぜて鉄板に。

必死になって混ぜる姿がカッコイイ!

_img_2887 アルミの蓋をする。

お好みに蓋をして蒸すのははじめて見た。

べこべこの蓋に歴史を感じるなあ。2こ並ぶとメタリックなおっぱいみたいでかわいい。

_img_2888 じゃーん!

最後の仕上げ、マヨはおねえさんがサザエさんを書いてくれるのだ!

_img_2891 サザエさんのほっぺから一口。

ううううううウマー!!!!!!!!!!!!!!!

コレはウマい。長年のお好みライフだが間違いなく一等賞である。

ほっぺが落ちました。

_img_2892

サザエさん、顎、外れる。

_img_2893

サザエさん、割れた

_img_2896 ハラいっぱいだけど

どうしても焼きうどんが気になる。

これまたウマい。ものすごくウマい。

で、このあと飲んだいきつけの阿波座のバーゴービーで店主のまっちゃん、お客のルア君に報告したら「おかる」知らんかったんかーとバカにしやがる。

古くからの名店らしい。ここはまずくなることはないだろう。

おかる

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31